古物商許可の必要書類について|横浜古物商許可代行WEB

古物商許可の申請の添付書面

古物商許可の申請には次の書面を添付いたします。※これらは発行から3か月以内のものが必要です。

 

 古物商許可の基本書面 個人での申請 法人での申請
申請書(別記様式第1号1〜3) 必要 必要
略歴書(過去5年間の職歴) 申請者本人と管理者のものが必要 役員全員と管理者のものが必要
住民票 同上 同上
誓約書 同上 同上
登記されていないことの証明書 同上 同上

市区町村発行の身分証明書

 

同上 同上
法人登記事項証明書 必要
定款の写し 必要

 

※原則、営業所には「管理者」を置きましょう。この「管理者」は扱う古物が不正品ではないことを判断できる知識や経験をもっている必要があります。ただし、管理ができるのであれば一か所のみ営業者本人が兼務可能です。

 

 

未成年者で古物営業を営むことに関し法定代理人の許可を受けている方の書面は?

 

未成年者は原則として古物商許可は取得できませんが、このような事情があれば申請できることになります。その時に用意する書面は・法定代理人の氏名及び住所を記載した書面、法定代理人の許可を受けていることを証する書面の2点をご用意してください。

 

 

古物商の名義人の相続人である未成年者で古物営業を営むことに関し法定代理人の許可を受けていない方の書面は?

 

この場合古物営業に係る営業所又は古物市場の所在地を記載した書面・法定代理人の最近5年間の略歴を記載した書面・法定代理人の住民票の写し、法定代理人の欠格事由に該当しない旨を記載した誓約書をご用意ください。

 

 

 

 

 

古物商許可取得時にケースにより必要となる書類

 

取り扱う品目や管轄警察署により提出を求められる可能性がある書類です。当事務所では事案によりこのような書類が増える場合でも追加料金は発生いたしません。

 

 

□申請者の顔写真
□営業所の所有権を証する書面 : 賃貸借契約書や不動産登記簿等
□営業所の使用承諾書 :営業所の所有権者が申請者でない場合 −
□営業所の見取り図・周辺図 : 手書きで簡易なものでも可
□保管場所の所有権を証する書面: 自動車を取扱う場合 賃貸借契約書や不動産登記簿等
□保管場所の使用承諾書 :自動車を取扱う場合かつ保管場所の所有権者が申請者でない場合 −
□保管場所の見取り図・周辺図: 自動車を取扱う場合 手書きで簡易なものでも可
□URLの使用権を証する書面 :ホームページを用いて古物取引をする場合 ドメイン取得時の書面やドメイン検索サービス等の検索結果
□その他誓約書や理由書等 :事案による


【神奈川県横浜市内で古物商許可を取得したい方へ】

古物商許可取得+創業融資や会社設立までトータルで応援致します。


書類のお悩みなどお客様のスタートアップをお手伝い!


 

横浜古物商許可専用ダイヤル

045‐550‐4973

(スマホの方はタップで通話できます。)