【横浜】古物商許可取得の流れ|横浜古物商許可代行WEB

古物商許可取得の流れ|横浜古物商許可代行WEB

ご依頼フォーム又はお電話、FAX、メールにてお申込みください。

 

お客様にいくつか確認のためご連絡をさせていただきます。

 

その後、当事務所が管轄の警察署と打ち合わせをいたします。

古物商許可が取れることを確認して再度お客様にご連絡、業務の委任とさせていただきます。

 

また不許可の見込みであれば、お客様の改善点などをお伝えいたします。

 

なお、委任契約の締結と同時に古物商許可費用の前払いをお願いしております。

 

当事務所にて書類の収集、作成を致します。その後、警察署に申請に行ってまいります。

 

補正などが発生した場合は、ご連絡致します。

 

なお、古物商許可手数料19,000円を警察窓口で使用しますが、万が一欠格事由の発覚など不許可とりましたら証紙は返還されませんのでご注意ください。

 

 

申請から2週間から40日で申請した警察署より、許可が下りた旨の連絡が来ますので、警察署へ古物商許可証を受け取りに行っていただき、無事許可取得となります。

 

 

 

標識と古物台帳の購入先を指定されますので、購入し、再度警察署に持参します。(古物台帳は記載後3年間の保存義務あり)

 

 

持参したら、古物商許可の交付となります。 

 

 

これ以後ビジネスとして古物営業を開始できます。

 

 

※申請は代理人でも可能ですが、許可証の受け取りは申請人本人以外は出来ない場合もあります。

 

 

インターネットを利用して古物営業を行う場合の手続き

 

上記の通り、古物商許可証を取得し、業として行うことが可能になった後、ネット営業の届出が可能になります。

 

 

古物商許可の取得
?
ネット古物営業の届出

 

 

@許可申請書へのURLの記載義務

 

古物営業の許可を受けようとするものは、 ・ホームページを利用して古物の取引をしようとする場合には当該HPのURLを ・それ以外の場合はその旨を公安委員会に届け出なければいけません。 

 

 

A添付書面

 

ホームページ利用取引を行おうとする場合は、申請者がプロバイダーネットのモールショップの運営者からそのホームページのURLの割り当てを受けた際の通知の写し等を添付する必要があります。 

 

 

なお、通知書にパスワードやIDが記載されている場合は、けしておきましょう。

 

Bホームページへの記載義務

 

上記届出をしたものは、取り扱う古物に関する事項とともに?氏名又は名称、?許可をした公安委員会の名称、?許可証の番号をホームページに表示しなければいけません。

 

 

 

 

 

横浜の古物商許可代行の費用について

 

行政書士費用 27,000円
申 請 手 数 料19,000円

 

 



【神奈川県横浜市内で古物商許可を取得したい方へ】

古物商許可取得+創業融資や会社設立までトータルで応援致します。


書類のお悩みなどお客様のスタートアップをお手伝い!


 

横浜古物商許可専用ダイヤル

045‐550‐4973

(スマホの方はタップで通話できます。)