3つの古物営業形態|横浜古物商許可代行WEB

古物営業3形態

古物を取り扱う営業全般を総称して古物営業とよび、この古物営業は3つの営業形態に分けることができます。

 

 

  • 古物商
  • 古物市場主
  • 古物競りあっせん業者

 

 

古物商

 

古物商とは簡単に言うと、古物を自ら又は他人の委託をうけて、売買又は交換する営業のことです。

 

 

古物商は昔からある呼び方で今風の取引に置き換えると中古車販売業、中古CDショップ、古着屋などのリサイクルショップのことだと考えてください。

 

 

最近だとインターネットを利用する場合も古物商に含まれる点に注意です。

 

 

なお古物商許可は個人でも法人でも取得できます。ただし古物商許可を取得した個人の方が法人成りするときは、古物商許可の取り直し(新規古物商許可)が必要です。

 

私たち行政書士はこの古物商許可を代行取得することが大変多いです。

 

 

古物市場主

 

古物市場主とは、古物商間の古物の売買又は交換の為の市場を経営する営業です。古物市場といわれる場所を管理するお仕事です。

 

 

なお、古物市場の営業を営むためには、公安委員会から許可を受けなければいけません。

 

 

古物競りあっせん業者

 

古物競りあっせん業者は、インターネットオークションがおこなわれるシステムを提供し、システム提供の対価として出品者・入札者から出品手数料や落札手数料などのシステム手数料を徴収している業者さんのことを言います。

 


【神奈川県横浜市内で古物商許可を取得したい方へ】

古物商許可取得+創業融資や会社設立までトータルで応援致します。


書類のお悩みなどお客様のスタートアップをお手伝い!


 

横浜古物商許可専用ダイヤル

045‐550‐4973

(スマホの方はタップで通話できます。)