古物の13品目|横浜古物商許可代行WEB

古物の13品目|選べるの6つまで!-横浜古物商許可代行WEB

 

古物は法律上次の13品目に分けられていますが、古物商許可申請手続き自体に大差はありません。

 

 

現在、古物は営業所ごとに取り扱う品目を定めて申請します。また、申請後、扱う品目に変更があれば変更届が必要です。

 

 

美術品 絵画、彫刻、工芸品等
衣類 和服類、洋服類、帽子、その他の衣料品
時計・宝飾品類 時計、眼鏡、宝石類、貴金属類
自動車 部品類も含みます
自動二輪車及び原動機付自転車 部品類も含みます
自転車類 部品類も含みます
写真機類 カメラ、双眼鏡、光学機等
事務機器類 パソコン、コピー機、ファックス、レジスター等
機械工具類 工具、工作機械、土木機械、家電製品等
道具類 家具、楽器、CD/DVD、ゲームソフト、日用雑貨等
皮革・ゴム製品類 カバン、靴等
書籍 辞書、漫画、雑誌等
金券類

商品券、乗車券、郵便切手等

 

 

第4号、第5号の古物商を営む場合は、経験又は知識の要件がもとめられることがあります。

 

どの品目の古物を扱えばいいの?

 

一口に古物商、リサイクルショップといっても、扱う商品によってさまざまにことなっています。

 

どの古物をあつかうかは、それぞれ興味のあるものとか、得意ジャンルから選べば大丈夫です。

 

 

ただし選べる数には制限があります!

 

 

選べる古物の数は6種類まで!(古物営業法施工規則2条)

 

 

取扱う古物を選んだうえで許可申請をしますが、許可が下りた後も、公安委員会に届け出れば変更することはできます。

 

 

 

なお、古本屋や中古車や、リサイクルショップ、金券ショップなどを営む場合、古物商許可が必要です。

 

 

では、フリマ内で出店して売買する場合はどうでしょうか?

 

 

この場合も業として古物営業を行う場合は古物商許可が必要です。

 

 


【神奈川県横浜市内で古物商許可を取得したい方へ】

古物商許可取得+創業融資や会社設立までトータルで応援致します。


書類のお悩みなどお客様のスタートアップをお手伝い!


 

横浜古物商許可専用ダイヤル

045‐550‐4973

(スマホの方はタップで通話できます。)