【ヤフオク】ネットで物販【アマゾンFBA】

【ヤフオク】ネットで物販【アマゾンFBA】

 

ヤフオクやアマゾンは古物商やリサイクルショップにとってなくてはならないコンテンツになりました。 

 

 

これらの潮流は「改正古物営業法」の存在が大きいです。

 

 

では、古物営業法はなぜ施行されたのでしょうか?

 

 

これは古物営業法の趣旨と変わらず、盗品と遺失物のながれを食い止めるという事が目的にあります。 

 

 

古物営業法が施行されたことにより、ネットオークションを運営するヤフオクやビッターズは事前に公安委員会に届け出ることになったのはご存知の通りです。 

 

 

また、既存の古物商がネットを利用して商品を売買する時はURLを届け出る必要が生じました。これにより古物を扱う業者はホームページに一定事項の表示がされることになったのです。 

 

 

この義務を怠ると思い罰則があるので、ほぼすべての古物商の方が対応しました。

 

 

【まとめ】改正古物営業法でどうかわった?!

 

□出品物に盗品の疑いがあるなら古物商は警察に届ける事
□出品者の本人確認や、真偽確認、記録の保存は古物商の努力義務
□盗品が出品されているときは警察本部長がオークションをストップできる
□URLを義務付ける
□ネットオークションの業者は、営業開始から2週間以内に、本社所在地や代表者の氏名などを公安委員会に届ける

 

 

 


【神奈川県横浜市内で古物商許可を取得したい方へ】

古物商許可取得+創業融資や会社設立までトータルで応援致します。


書類のお悩みなどお客様のスタートアップをお手伝い!


 

横浜古物商許可専用ダイヤル

045‐550‐4973

(スマホの方はタップで通話できます。)