【古物商】許可証を返納する場面

古物商許可、許可を返納する場面|古物商許可代行WEB

 

 

こんにちは

 

 

古物商許可代行WEB、行政書士の高橋です。

 

 

古物商許可を取ってみたが、別の事業で忙しくなった!もっているだけで責任がでるから古物商を返したいんだけど?

 

 

まれにこんなご相談を頂きます。

 

 

古物商許可を取得する方法はWEBにあふれていますが、逆に返す手続きは案外知られていません。

 

 

持っているだけで古物商許可の責任は発生していますし、不要ならば速やかに返納したいですよね。

 

 

【もう不要】古物商許可の返納手続きが必要になる場合

 

次の事由が発生した時は、遅れることなく都道府県の公安委員会に古物商許可とともに「返納理由書」を提出しましょう。

 

 

□古物営業を廃止した時
□営業の許可が取り消された時
□許可証の再交付を受けた場合において、なくしていた許可証を発見し、または回復した時
□許可証の交付を受けたものが死亡した時
□許可証の交付を受けた法人が合併により消滅した時

 

以上が古物商許可の返納事由です。

 

返納のお手続きはおくれることなく!


【神奈川県横浜市内で古物商許可を取得したい方へ】

古物商許可取得+創業融資や会社設立までトータルで応援致します。


書類のお悩みなどお客様のスタートアップをお手伝い!


 

横浜古物商許可専用ダイヤル

045‐550‐4973

(スマホの方はタップで通話できます。)