【書類関係】古物商許可開業後の届出

【書類関係】古物商許可開業後の届出

 

 

開業後でもリサイクルショップの経営態様に変化があった場合には、以下の申請をすることになります。

 

 

古物商許可の内容が変わりそうなら事前に用意しましょう

 

古物営業をいざ始めてみると営業所を変えたい、仲間が増えたなど初めに届け出た内容と異なる場合が出てきます。

 

 

そのような場合は変更した事項に応じて変更届出書と書き換え申請書を提出しなければいけません。 

 

 

例えば古物商の氏名住所、法人代表者の名称は古物商許可証記載事項なので、変更があった場合には、変更届+書き換え申請を提出します。

 

 

いっぽう、営業所の名称や所在地は許可証には記載されないので、それらの事項に変更があったとしても変更届のみを行うことになります。 

 

 

許可証に記載のある事項:許可者の氏名又は名称、住所、法人の代表者の住所、氏名、行商する・しない

 

 

他県でも古物商許可を取得している場合

 

複数県にまたがって古物営業する事業主の方も大勢いらっしゃいます。

 

 

このような場合、重要事項の変更については本店所在地だけではなく、支店を管轄する警察署にも通知する必要があります。

 

 

 

 


【神奈川県横浜市内で古物商許可を取得したい方へ】

古物商許可取得+創業融資や会社設立までトータルで応援致します。


書類のお悩みなどお客様のスタートアップをお手伝い!


 

横浜古物商許可専用ダイヤル

045‐550‐4973

(スマホの方はタップで通話できます。)