【古物商許可】開業スケジュール立ててますか?【横浜】|古物商許可代行WEB

【古物商許可】開業スケジュール立ててますか?【横浜】

古物商許可を取って物販ビジネスを始めようとする場合、どんなことでも同じですがスケジュールを立てる事がとても大事になります。

 

 

計画を綿密に立てて効率よくこなしていく事がムダムリムラを0にする秘訣です。

 

 

@タイムスケジュールを作る
A事務所、店舗を決める
B許認可を申請する
C仕入れ先の確保や販売戦略を立てる
D店舗の内装工事などをする
E従業員を雇う

 

 

@タイムスケジュールを作る

 

独立開業し、資金が準備できたら開業へのタイムスケジュールを作りましょう。

 

 

方法は逆算する方法、開業日を決め、そこから遡ってなにをするかを決めていくのが良いです。

 

 

A事務所、店舗を決める

 

タイムスケジュールが決定したら古物営業をする店舗や営業所を決めましょう。

 

 

古物商許可取得の面からいうと、自宅より実店舗や事務所があると良いでしょう。

 

 

B許認可申請する

 

事務所や代表者が決まっていれば、許認可申請、古物商許可申請ができます。

 

 

申請から許可がおりるまで時間がかかりますので、余裕をもって申請の準備をしましょう。

 

ご自分で申請してももちろん良いですが、代表者の方は開業準備などでお忙しいと思うので、多少の費用なら行政書士にアウトソーシングする感覚が必要です。

 

 

C仕入れ先の確保や販売戦略をたてる

 

古物を販売するには、事前に仕入れ先の確保や販売戦略を立てておく必要があります。

 

 

古物商は他の業種とことなり、古物の仕入れは一般人から仕入れることも多いからです。

 

 

D店舗の内装工事をする

 

ここでも古物営業で店舗の内装はかなり大事です。中古品を扱っていることもあり、古びたもの、汚れたものというイメージが付きまとうからです。

 

 

E従業員を雇う

 

人件費の問題は古物商であっても大きな悩みの種です。

 

 

はじめから従業員を雇うのではなく、お手伝いさんやアルバイトを雇う感覚が重要です。


【神奈川県横浜市内で古物商許可を取得したい方へ】

古物商許可取得+創業融資や会社設立までトータルで応援致します。


書類のお悩みなどお客様のスタートアップをお手伝い!


 

横浜古物商許可専用ダイヤル

045‐550‐4973

(スマホの方はタップで通話できます。)